宗教法人 東福寺

真言宗 御室派 東福寺

忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺

 

スマホ版はこちら
携帯版はこちら 作成中
HOME»  法話

法話

 三日坊主修行の理念「大人はどうするか 子供の心の教育」

相変わらず、毎日のように殺傷事件が起こっている、特に弱者や子供が犠牲になっていることは悲愴であり、明日の社会の危機である。
どうしてこのような事件が起こるのでしょうか。事件の起こるたびに関係者や評論家はその原因を語っている。考えてみると、本来、動物は弱肉強食の世界であるが、その部族は、親の教えによって秩序が保たれて、子孫を繁栄している。
人間は万物の長といわれ、地球をわがものとして、おごりがあれば遅からず人類は滅亡するであろう。それは、地球の歴史が教えている。かつて、強者の恐竜やマンモスは変化する環境の対応を怠り滅亡した。弱者の小動物は強者や環境に対応して生存してきたのである。驕(おご)れる者は滅ぶと言うことである。
今の世情を見ると、権力者や富豪者の驕れる人は、失墜している現状である。
ドロシー・ロー・ノルト氏は「子は親の鏡」という、即ち、親が善であれば子も善良であり、親が悪であれば子も不良であるということである。親は青少年、子供の非行は親の責任であることを自覚しなければならない。不良の親にならないために子供のときに心の教育をしなければならない。
アメリカの人類学者スキャモン氏の発育曲線によると、発育を4つにわけて20才を大人として100と考えて、年令で発育の高さを表したものである。
1つは一般型で身体、臓器等の発育は右上がりに発育し、2つには生殖型で思春期に急速に発達し成人の機能まで達す、3つにはリンパ型は免疫力のことで、10才の時には成人の2倍に近くになり、その後は急速に低下する、4つには神経系型で脳や神経の発達で学童期に急速に伸び、6才で成人の80%に達し12才で100に近くなる。
このように発育には、順序があり、神経系の曲線に注目して幼児期から学童期に脳神経の急激な発達があり、歩行、言葉が始まり、情緒や好奇心が盛んとなる。この時期こそ親子関係、周囲の人々の交流の中で、愛情とか情緒を受けることにより社会性や人間関係の基礎が養われ、安定した情緒が生まれると考えられる。
この心の教育は、誰がするか、言うまでもなく、家庭であり、学校であり、地域社会である。特に地域の中での子供を見守り、叱ったり、ほめたりすることが大切である。
しかし、3月19日に発表した内閣府の世論調査では、少年の不良行為に「見て見ぬふり」をする人は54%あり、「注意する」はわずか11%であると発表している。この現状は、地域教育力の鈍化を表し非常に残念である。
拙寺では、10年前から、上記の理念に基いて、毎年夏休みに小学生のみを対象に三日坊主修行を実施している。目指すものは、他者との共生、異質なものへの寛容を養い、柔らかな感性を育てるために体験活動をとおして本当の自分をきづかせ、生きる力、生きる原動力をそだてるものと考えています。(平成17年4月1日記す)

 

 道心に帰ろう

道とは、人や車、動物達が歩き走るところであることは知っている。また、これらが通ればそこに道ができる。
しかし、道には目に見えない道もある。これは人生の道であり、人が正しく生きるための道もある。
道とは「とおる」「おさめる」「正しい」「みちびく」「おしえる」「助ける」「精進する」等の多くの意味を持っている。
昨今の世情をみると、大人は金のために汚職や不正の犯罪を、青少年は無規範に覚せい剤の乱用や殺傷事件をおこし、道から外れた道でない危険なところを通っている。
また、何が善か、何が悪かの価値判断が判らない多様化もしてきている。
この価値判断をする心の問題であるが、平安時代に弘法大師空海は、庶民の子供たちに学問を教えるため、日本で最初の「綜芸種智院」という学校を開くときに、次のような言葉をいっている。「物の興廃は必ず人による、人の昇沈は定めて道にあり」、この意味は、物が益々興隆していくか、衰えて退廃していくかは、必ず人々が力を合わせて志を同じくするか、しないかにかかっているという。また、その人々の善い心によって栄達に昇るか、悪い心によって罪悪の淵に沈むか実に道を学ぶか、学ばなければならないかによる。すなわち、道を学ぶかによって善悪の判断がわかるという。
では、この道とはどういうことかというと、前述のように道にはいろいろな意味があるが、正しいこと、人が守らなければならない道理ということで、その善悪や是非を判断して正善につく心を道心という。
道は「首」と「ギンモクセイ」から出来ており、首は頭部で、しんにょうは「ギンモクセイ」で「行く」と「止り」の意味である。足を一歩踏み出すときに、行くか、止まるかを頭で考えることである。
今、私たちは原点にかえって、ことを起こすときは自分で考える心「道心」に帰って実行してもらいたい。そうすれば自分が歩む道は誇れる道であろう。