宗教法人 東福寺

真言宗 御室派 東福寺

忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺

 

スマホ版はこちら
携帯版はこちら 作成中
HOME»  広報2

広報2

写真をクリックすると拡大します

 

 徳島新聞で住職の談話を紹介

徳島新聞で住職の談話を紹介

 

徳島新聞2005年8月30日の「ぴーぷる」の欄で。沖田定信住職は、三日坊主修行10周年に当たり、談話として「子供は今も昔も純粋で素直、ちゃんと指導すれば、何でも出来るようになる、近年多発している青少年犯罪についても、子供が変わってしまったという意見があるが、子供が悪いことをしても、見て見ぬふりをする大人が増えていることが問題」と警鐘を鳴らす。また、「青少年を語る人は多いが、先ず、行動することが大切」と紹介されました。

 

 徳島新聞 第362回読者の写真コンクール特選

徳島新聞 第362回読者の写真コンクール特選

 

「修行の合間」平成17年7月28日撮影

三好郡三野町芝生  吉本保夫氏
選評「きれいに並べた草履を手前に、玄関先で正座する、小坊さん、すっきりして画面がさわやかです。」徳島新聞8月10日刊より。
吉本氏は偶然に、座っている風景に出会い、シャッターを押したという。写真は吉本氏提供。

 

 三日坊主修行10周年記念

三日坊主修行10周年記念

 

子育て観音像開眼

本年も三日坊主修行を去る7月28日、29日、30日に40名の小学生によって実施いたしました。
修行最後の日、30日午前11時より、子ぼんさん全員と住職、副住職、外2名の僧侶によって観音像の開眼法要を行いました。
この観音像は、花崗岩製で像高5m(蓮台含む)、鉄筋コンクリート造りの仏間の上に安置したもので、総高8mあります。
三日坊主修行10周年を記念して、子供たちの健やかな成長を願って「子育て観音」と名付けて建立したものです。
なお、今年も四国テレビ、関西テレビ、徳島新聞、朝日新聞、読売新聞の各社によって報道されました。

 

  第10回 「三日坊主修行」を開催

当寺では、子供達が修行により、「辛抱」と「思いやり」と「協調」を養い、交流により「親睦」と「相互によいところを発見する」ことを趣旨で平成8年より実施しております。本年は、特に鳴門教育大学が平成16~17年に文部科学省から委嘱を受け、徳島県教育委員会ならびに協力校とともに「道徳教育の充実のための教員養成学部等との連携研究事業」を実施していて、県下の3小学校の協力校の小学生と大学院生と当寺に申し込まれた小学生と共に実施することになりました。サブリーダーの大学院生・三好由香さんのレポートをご覧下さい。

期 日  7月28日(木)~30日(土)  2泊3日
場 所  東 福 寺

 

 

 第55回社会を明るくする運動 美馬地区決起大会

社会を明るくする運動は、戦後の混乱が続いていた昭和26(1951)年から、犯罪や非行のない明るい社会を築くために始まった全国的な運動です。
テーマとして、「全ての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない明るい社会を築こうとする全国的な運動」です。
この運動は、法務省の主唱により、毎年7月を強調月間として全国で開催され、本年で55回目となります。
犯罪や非行が生まれるのも地域社会であり、また、罪を犯した人や非行をした少年の更生をする場所も地域社会であります。よって、本年も本運動の重点目標を「地域活動の推進による少年の非行防止と更生の援助」と定めて、美馬郡つるぎ町、美馬地区保護司会、美馬地区更生保護女性会共催で実施することになりました。

期 日   7月20日  午後1時30分
場 所   つるぎ町貞光就業センター
講 演   演題 「非行・犯罪と私たち」 講師 東福寺住職 沖田定信

 

 NHK放映「天涯の花」当寺で撮影

天涯の花は、宮尾登美子氏の小説で、NHKテレビドラマとして、平成11年11月に放映された。
その一場面が7月28日に当寺本堂を利用して、主演須藤理彩(平珠子役)さんが出演撮影された。

 

 第1回全国忌部サミット

第1回全国忌部サミット

 

忌部氏は古代の朝廷祭事を担当し、大和朝廷成立に大きな役割を果たしたという。
この忌部一族が全国各地に行き、穀、麻、織物、製紙、陶芸、農業、音楽等を伝え産業技術集団で殖産興業に貢献した。
これらの忌部氏ゆかりの人々600余人が集まって、阿波忌部が拓く「古と未来との架け橋」のテーマで、去る、6月25日(土)、26日(日)、吉野川市アメニティセンターで開かれた。
住職沖田定信も忌部別当寺として、シンポジウムのパネリストとで出演した。住職は「忌部の精神を生かせ」として、忌部の特色である使命感、開拓精神、殖産興業、団結力等をもって、歴史を学び交流により、独自の地域おこしをしてはどうかと提言した。

詳細については
全国忌部サミット実行委員会
住所 779-3407 徳島県吉野川市山川町祇園51番地
電話     0883-42-7111 内線171
写真は「徳島新聞」6月26日の記事です。