宗教法人 東福寺

真言宗 御室派 東福寺

忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺 忌部別当 東福寺

 

スマホ版はこちら
携帯版はこちら 作成中
HOME»  ◆美術館(Museum)

美術館(Museum)

館長兼学芸員 沖田定信  学芸員 沖田憲信

 

当館は、当寺所蔵の文化財、襖絵等を保存、展示公開して、広く、壇信徒並びに、一般の皆様方の文化の向上に寄与する目的で、平成2年11月に建設したものであります。

所蔵品は、仏画、絵画、書、工芸品等400余点。

 

 

美術館

 

 

仏画は、曼荼羅を中心に、県指定文化財の県下最古といわれる室町時代初期の十三仏図、全国に類例を見ない室町時代の平安初期における天台系室生寺流龍神信仰を色濃く反映した古様の請雨曼荼羅、江戸時代の熊野権現影向図、粉河寺曼荼羅、神仏混交時代の垂迹曼荼羅等40余点。

絵画は、阿波藩の御用絵師を中心に、狩野派の狩野典信・佐々木惟照・矢野栄教・河野栄寿・中山養福、住吉派の渡辺広輝・守住貫魚・鈴江貫中・佐香貫古・原鵬雲・三好賢古・森魚渕等50余名の作品。特に、渡辺広輝の「富士の四季」図屏風、広輝の弟子守住貫魚の「富士の四季」図屏風は同じもの1対ずつ有り、貴重なものです。三好賢古の作品は60点所有している。 また、元徳島城の板絵4枚は桃山様式を残すものです。

当寺の襖絵は、本堂の五室に、三十二面住吉派の画人によって描かれています。

書は、飯尾常房懐紙、前田玄以、千利休・小堀遠州の消息文・茶伝をはじめ、阿波藩儒官の新居水竹・柴秋邨・岡本韋庵、幕末三筆の貫名菘蓊・市河米庵、巻菱湖、日展参事の小坂奇石、当寺本山仁和寺門跡の染筆等50余点。特に、建武3年の細川和氏、細川顕氏の奉書は貴重である。また、書院には、平田蘭石(岐阜県関市)の篆書襖4枚があります。

その他、茶道具に、建窯の天目茶碗・平焼の茶碗、一后一兆作の棗・若島宗斉の棗、角谷一圭作の茶釜、他に青銅器、陶器、谷田蒔絵、若島宗斉の仏画蒔絵。西塚栄治、池口美樹の蒔絵(輪島)を展示。
北村西望・鹿島一谷・金森映井智等の工芸品、古文書類も所蔵しております。
当館の特色は阿波(徳島県)出身者の作品が主であり、これらの蔵品のうち、100点あまりを、常時展示して、年三回ほど一部入れ替えして、展示しております。

 

入館料 無料
開館時間 9:00~17:00
定休日 12月は休館